SHIRU blog

生活も心もちょっと豊かにするためのヒントを“知る”ブログ

【新人の在宅勤務は要注意?】新卒2年目の私が約1年の在宅勤務を経て感じた素直な思い

 

f:id:yukidaruma06:20210228192305j:plain

 

こんにちは、ゆきだるまです。 

 

私は新卒2年目で、中小企業に勤めています。

昨年3月頃から在宅勤務が始まりました。現在も続いているので約1年経ちます。

 

在宅勤務を取り入れる企業が多くなった中、メリットやデメリットについて書かれている記事はたくさんありますが、新人目線での在宅勤務に対するリアルな意見はあんまりないかなぁと思い、書いてみることにしました。

良かったら読んでみてください!

 

 

 

  

私の仕事について

私は、観光業界の中小企業に務めています。コロナの影響をダイレクトに受けた企業の一つです。

昨年3月頃より週4日の在宅勤務と週1日の交代制出社の勤務体制が始まりました。そんな生活もまもなく1年が経とうとしています。

 

私は新卒入社で、今年2年目です。営業職として入社しました。

1年目の時は周りの先輩方のサポートを中心にやっていて、2年目から営業になりました。

コロナの影響で営業になっても仕事がほとんどないため、自分の仕事のペースが掴めない一方、営業としての責任が増えていく状況と日々奮闘しています。

 

この様な成長途中の状況で在宅勤務になった私なので、

精神的な面のデメリットがたくさん思い浮かんでしまうのですが、

その中でも感じるメリットはありますので、リアルな思いをお伝えしたいと思います。 

 

在宅勤務のメリット

通勤ストレスがなくなる

メリットの一つ目は、通勤ストレスがなくなることです。

新卒1年目の時、まず社会人になったなと実感したことは、平日週5日毎日満員電車で通勤していたことです。

10分くらいの遅延が2日に1回はあったり、とにかくぎゅうぎゅうに詰め込まれる電車内、毎日よく耐えたなと思います。

まだ社会人になりたての私は甘々なので、通勤だけでもストレスを感じていました。

 

ですが、週4日の在宅勤務になった今ではそのストレスが本当になくなりました。

週1日は出社しているので満員電車に乗ることは避けられないのですが、心に余裕が出来たからなのか、ただ「今日も混んでるなぁ」くらいの気持ちで、不思議と通勤にストレスを感じなくなりました。

 

自分の時間が増える

二つ目は、自分の時間が増えることです。

私は往復3時間弱の時間をかけて通勤していました。平日の夜は家に帰るとご飯を食べて、お風呂に入ると気付くと寝なきゃいけない時間になっていることがほとんどで、平日は仕事のみに集中!という過ごし方でした。社会人生活に慣れていない頃なので、ただ働いているだけの生活でいいのかと思ってしまうことが多かったです。

 

在宅勤務の今は、その3時間弱の時間を自分の時間にあてることができます。私はその時間を使って今こうしてブログを書いたり、資格の勉強をしたりしています。

仕事と自分の時間の両方を大切にできているので、精神的なバランスがとれていて、何のために働いているんだろうと悩むことが少なくなりました。

 

在宅勤務のデメリット

圧倒的なコミュニケーション不足

デメリットの一つ目は、圧倒的なコミュニケーション不足です。

私の会社では在宅勤務中のコミュニケーションツールは特になく、社内の方とはメールでやり取りをしています。

まだわからないことや不安なことが多くある私は、在宅勤務中に困った時は上司にメールで確認をします。メールでは伝えきれない時は社用携帯を使って電話をしたりします。これだけ聞くとコミュニケーションとれてるじゃん!と思いますよね。

でも在宅勤務中はちょっと確認したいけどメールする程でもないことが結構あって、そこを確認するのを躊躇ってしまうので、物足りなさというか、小さい不安を感じることがあります。

 

また私の会社では、同じ部署の中でもさらに2.3人のチームに分かれて仕事をしています。在宅勤務中は、同じチームの人としかやり取りする機会がないのと、チームの人とも業務の話しかしなくなるので、孤独をかなり感じます

 

相手の感情が分かりにくい

デメリットの二つ目は、相手の感情が分かりにくいです。

在宅勤務中は社内のやり取りもメールでしていると上記にありますが、メールでのやり取りは相手の表情が見えないので、どんな気持ちで伝えてきてるのかが非常に分かりにくいです。

ただでさえ、不安や孤独を感じている在宅勤務中はメールの内容をマイナスに捉えてしまいがちになります。

メールはLINEなどと違って口調が堅くなるので、上司は責めていないつもりでも責められているように感じてズーンと落ち込むことがよくあります。

 

社内でしか出来ないことが発生する

デメリットの三つ目は、社内でしか出来ないことが発生することです。

私の会社の場合は、請求書や領収書の発行、社内にしかない端末で作業が必要な時などです。

こういったことが在宅勤務中に必要になった場合、出社している人に依頼をします。が、それが私にとってはストレスです!!

自分で出来たら一から説明しなくても良いことが、出社している人に依頼をする時は、そこまでの流れをちゃんと説明をして依頼をしますので、倍の時間がかかります。

しかも私より年上の先輩方しかいないので、めちゃくちゃ気を遣います

 

まとめ

新卒2年目の私が在宅勤務を約1年経験して思う、在宅勤務のメリットとデメリットについて書いてみました。

結論、私のような新人や成長途中の人にとって在宅勤務は良い環境と思えません!物理的にはメリットが大きい在宅勤務ですが、精神面ではデメリットが大きいように感じます。

では、仕事の進め方を熟知しているベテランさんや社内で気軽に話せるコミュニティを持っている方は、在宅勤務についてどう思っているのでしょうか。それでもきっと私にはわからないストレスがあると思います。

 

あと、新人にとっては他愛のない会話が出来る環境があることが大切だと私は思います。きっとそれで、小さい不安とか孤独感を解消できるので!

 

私の会社は多分アナログなので、もっと進んだ技術を取り入れている企業だったら私が感じるデメリットも解決されるんだろうなぁとも思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

ぽちっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村